大原美術館 私のオススメ

Episode4 ギュスターヴ・クールベ「秋の海」

ギュスターヴ・クールベ「秋の海」

物悲しい作品である。
まるでヨットが今にも難破しそうで心が締め付けられそうになる。
どんな心境でこの絵を描いたのだろう。
空と海が一体になり、怒涛のように迫り狂う油絵だ。

しかし、海にも様々な顔がある。
それを人間の一生に例えたのではなかろうか。
海も人生もしょせん紆余曲折なのだ。
どん底から這い上がるには、いい絵だ。
NEVER GIVE UP!!!!!

営業 片沼 浩介